プロベラ通販

プロベラ 通販

プロベラ通販

 

モデュス (プロベラジェネリック)

モデュスは、黄体ホルモンの不足が原因の不妊症や更年期障害などを治療するお薬です。代表的な黄体ホルモン剤「プロベラ」のジェネリック医薬品です。 有効成分:Medroxyprogesterone(酢酸メドロキシプロゲステロン)10mg

モデュス (プロベラジェネリック)

ボタン

黄体ホルモンのはたらき おもな女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモンがあり、どちらも卵巣から分泌されます。 女性の生理周期では、はじめに卵胞ホルモンが分泌されて卵子が育ち、排卵がおきます。排卵がおきた後は約2週間黄体ホルモンが分泌されます。これが基礎体温の高温期にあたります。

黄体ホルモンは、子宮内膜を充実させて受精卵が着床しやすいようにする働きがあります。妊娠しなかったときは黄体ホルモンの分泌がとまり、子宮内膜ははがれて月経がはじまります。

妊娠したときは黄体ホルモンの分泌が続き、子宮内膜を充実させて妊娠を維持するはたらきをします。

黄体ホルモンはその他に、自律神経を安定させる、骨密度を保つなど、女性の生理作用のバランスをたもつさまざまな働きをしています。 使用方法 モデュスは使用目的によって服用期間などが異なってきます。

不妊治療、生理不順の治療には、高温期にモデュスを2週間服用してください。

デポプロベラ注射150mg

黄体ホルモン(女性ホルモン) の避妊注射剤で、子宮頸管粘液の濃度を上げ精子が子宮内へ侵入するのを妨ぎます。3ヶ月ごとの注射で99%の避妊率。

有効成分:メドロキシプロゲステロン酢酸エステル(Medroxyprogesterone acetate) 150mg

デポプロベラ注射150mg

ボタン

 

流産の予防、更年期障害の治療には、少量のモデュスを継続して服用してください。 モデュス (プロベラジェネリック)はどんなときにのむお薬ですか <不妊症の原因が黄体ホルモンの不足にある場合に使用されます> 不妊症には、女性の側に原因があるものに限っても、つぎのようなさまざまなタイプがあります。 卵子が卵巣から排卵しない。 卵管がつまるなどで、受精できない。 子宮内膜が育たず、受精卵が着床できない。 子宮頸管に精子の動きをじゃまする抗体ができる。 プロベラジェネリック(モデュス)はこのなかで、黄体ホルモンの不足によって子宮内膜が育たず、受精卵が着床できないタイプの不妊症に使用されます。 <流産、早産の予防に使用されます> 黄体ホルモンが不足して子宮内膜が充分に育たないと、胎盤から胎児への酸素や栄養の供給が不足して、それが切迫流産や習慣性早産の原因になります。 プロベラジェネリック(モデュス)は黄体ホルモンを補給して、妊娠を安定して維持するはたらきをします。 <生理不順、不正出血、無月経の治療に使用されます> 黄体ホルモンが不足すると、基礎体温が高温期でも上がらなくなり、生理周期に異常が生じます。 プロベラジェネリック(モデュス)は高温期に服用することで、黄体ホルモンを補給してこのような症状を改善します。 <更年期障害のホルモン療法でエストロゲンと平行して使用されることがあります> 女性ホルモンの不足による更年期障害の治療にはおもにエストロゲンが使用されますが、エストロゲンの服用による副作用を防ぐためなど、バランスのとれたホルモン補給のために黄体ホルモンも使用されることがあります。 とくに更年期からはじまる骨密度の減少を防ぐには、黄体ホルモンが重要な役割をします。 <性同一性障害のホルモン療法にも使われることがあります> 性同一性障害の人が女性らしい身体になるために、エストロゲンと平行して黄体ホルモンの補給をすることがあります。

デポ プロベラ 150mg 1ml は、避妊を目的とした黄体ホルモンの注射剤です。 本剤には、メドロキシプロゲステロン酢酸エステルが有効成分として含有されています。 同成分の経口剤(錠剤)が医療用医薬品では「プロベラ」や「ヒスロン」として用いられていますが、経口剤では月経異常や切迫性流産の治療が目的とされており、避妊の適応は認められていません。 注射剤であるデポ プロベラは、3ヶ月に1度(年に4回)注射することによって、99.7%という高い確率で避妊できることが知られています。 一度の注射で長期間の効果が得られるので、ピルのように毎日服用する必要がありません。 飲み忘れのリスクは無くなりますが、妊娠を望んだ際には、薬剤の効果が切れるまで待たなくてはなりません。 妊娠の予定がある場合などには、投与計画を慎重に行うようにして下さい。 また、避妊以外にも月経不順や子宮内膜症に用いることも可能な薬剤です。 注射剤として用いることでより高い効果が期待できる場合もありますが、これらの疾患の治療に用いる場合には、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。 エストロゲン(卵胞ホルモン)を含有する製剤は、35歳以上の喫煙者や授乳中の女性には使用することが推奨されていません。 プロゲステロン(黄体ホルモン)製剤であるデポ プロベラは、これらに該当する女性にも使用できると言う利点もあります。 しかし、他のホルモン剤と同時に使用する場合では、血栓症のリスクが高まるので、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。 黄体ホルモン単独の製剤の特徴としては、排卵を抑制することなく避妊効果を発揮させます。 デポ プロベラが避妊効果を発揮する仕組みとして、「受精卵の輸送を妨げて子宮に到達させない」、「子宮内膜が着床(受精卵が子宮内膜にとどまる)に適する状態にならない」、「精子の通り道である子宮頸管の粘膜の粘性が上がる」という3つが挙げられます。 また、卵胞ホルモンを含まないことによって、吐き気や血栓症リスクの増加がほとんど見られないので、メリットのある避妊方法と言えるのです。 使用方法 デポ プロベラは、避妊や月経不順、子宮内膜症などに対して用いることが出来る薬剤です。 使用する前に、容器を良く振って完全に混ざり合ってから使用するようにしてください。 デポ プロベラは、有効成分であるメドロキシプロゲステロン酢酸エステルに対して過敏症がある場合には、使用することができません。 また、妊娠中または妊娠の疑いがある方、乳ガンの方、不正出血を起こしている方、血栓症の既往歴のある方、肝疾患を患っている方においては、本剤は使用しないようにしてください。 また、本剤の使用によりHDLの血中濃度が下がることが報告されているので、高脂血症の既往歴のある方は使用を避ける方が望ましいとされています。 本剤は長期間効果をおよぼす薬剤であり、重大な副作用を引き起こす可能性があるので、使用する際には医師に相談するようにしてください。 副作用・使用上の注意 デポ プロベラの副作用としては「乳房の張り、乳房痛、うつ病、偏頭痛、吐き気、疲労感、視覚障害、体重増加、不正出血」などが報告されています。 特に、重大な副作用としては「重度の血栓症(心筋梗塞や脳梗塞、静脈血栓症など)、うっ血性心不全」などが報告されているので、体調変化を感じた際には専門家の判断を仰ぐようにして下さい。 また、一部の研究においては、本剤を使用することで、ホルモン避妊薬を使用していない女性と比較して性感染症のリスクが約3倍に上昇することも示唆されています。 発熱や膣炎、下り物の悪臭など心当たりのある場合には、医師の診察を受けるようにして下さい。 (本剤は国内では販売されておらず、効果や副作用の説明は、海外向けの説明書や資料を基に作成しております。自己責任において使用するようにして下さい。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする